【店舗運営にとって大事なこと】

【店舗運営にとって大事なこと】

 

売上をあげるために、最も重要だと思うのが、

ランキングなどをみて、なぜ売れているかという仮説を立て

それをしっかり検証していくようなクリエイティブな時間をつくることと思っています。

 

よく店長さんから聞くのは、本業があって、や、受注や発送もやっていて

日々追われているという状態です。

 

追われるという状態が非常に危険で、いくら売上や収益があがっていたとしても

楽しめるという要素が少なくなっていき、仕事のクオリティーが下がってしまうことがあります。

 

なかなか当たり前のようで、難しいのですが、

タスクと呼ばれる作業をする時間と、中長期や短期の戦略を考えたり、マーケティングなどをする時間

 

二種類があって、

どっちが大事かという観点では、正直どちらも非常に大事です。

 

 

タスクと呼ばれる作業は、実際にメルマガを書いたり、商品のあおりを作ったりという作業を指しますが、

いくらいい戦略といい戦術を立てても、このタスクの部分で妥協してしまうと、非常に効果が悪化したりして、

意味がなくなります。

 

ただタスクばかりに追われクリエイティブな時間を確保できていないと

次は、足元だらけで、毎回不安で、わくわくすることができなくなります。

 

そこでも意識として重要だと思っていることは、

タスクの時は、音信不通になることです。ハイクオリティーで妥協のない作業を行うときは

必ず連絡などに振り回されて、自分がなにを今やっているのかわからなくなるということは避けたほうよいです。

 

集中して、高いクオリティーをキープしたまま短期間で終わらせるということです。

そうすることで、追われる仕事から仕事を追うような感覚になります。

 

そして勉強時間、例えば父の日、敬老の日の去年のデータや、マーケット調査から新しい

自社商品を考えたりだとか、月の企画運用の具体的な数字を見てみるみて戦略戦術の見直しを行う

 

などの時間に使うことが重要だと思います。

 

人それぞれだとは思いますが、

 

ワクワクすることを失った瞬間どんなに稼いでいても

楽しめなくなると思っています。

 

楽しめなくなること=クオリティーダウン=パフォーマンスダウン

になります。