敬老の日に関して

【敬老の日に関して】

敬老の日に関しては、大きくうまく行った店舗と悪い店舗に別れました。

敬老の日のアクセスで重要なのが、広告です。

検索は 敬老の日 というところで目指しますが

上位を取れていても、売上のほんの一部にしかすぎません。

 

楽天が現在5や0のつく日などポイント企画で全体流通をあげようとしている現状、

敬老の日広告の導線が非常に悪く、

全体的に敬老の日はパフォーマンスが悪くなっているはずです。

楽天シーズナル商戦は年々ロアスが良くないので、もっと楽天に大切にされるようになにかしらアクションできればとおもいます。

以下、ランキングのキャプチャですが、

 

敬老の日は今や、広告において平均の実績をだしても失敗に値する形になってきたので

 

徹底的に、CTR  CVRにこだわりマーケットに合致しない商品や、すこしでも躊躇する商品は仕掛けずに

敬老の日に送るイメージがつきやすいもの、懸念点がないものでしかけるのがもっとも最高に近づきます。

 

新しいマーケットーをつくろうとしても

コーヒーであれば、イメージとな相違や、カフェインなどの影響、

佃煮だと、ユーザーが縛られることなど

万人ウケする商材群で、かつありきたりではないインパクト見栄えのあるものが

非常に重要だとおもっています。

データもかなり取れていますので、また振り返りをいたします。

 

ふみこ農園さんはあんぱ柿でしかけましたが

無添加の干し柿という和菓子という

健康かつ敬老の日イメージに合致したこところで

大成功いたしました。

 

使い回しではなく、この商戦にあった商材選定が重要です。